【CUDA】CUDA Toolkit 10.0のインストールと設定をしよう!

CUDA入門
マウスコンピューター/G-Tune

環境

解説に使用する、CUDA Toolkit 10.0のインストール環境は以下の通りです。(10.1も同様)

  • Windows10 Pro 64bit
  • Visual Studio Community 2017
  • GeForce GTX1070

VisualStudioはCUDA Toolkitをインストールする前に入れておきましょう。

ここでインストールするCUDA Toolkitのバージョンは10.0です。

CUDA10.0はVisual Studio 2012~2017に対応しています。
解説では Community 版を使っていますが、Professional版などでも同様に使用できます。
対応していないVisual Studioを使いたい場合は、過去のバージョンのCUDAをインストールしましょう。

ダウンロード

1.以下のサイトに移動します。

CUDA Toolkit 11.0 Update 1 Downloads
Select Target Platform Click on the green buttons that describe your target platform. Only supported platforms will be shown. By downloading and using the softw...

2.Operationg System の [Windows]を選択します。

3.対応する環境を選択し、[Download]を押しましょう。
インストーラがダウンロードされます。

インストール

1.ダウンロードしたインストーラを実行すると、以下の画面が出てきます。特に変更せずに進めてください。

2.インストールするソフトをカスタマイズできますが、ここでも特に変更の必要はないので、どんどん次へ進めてください。

3.インストールが完了したら、画面を閉じてVisual Studioを起動してください。

4.ディスプレイドライバが古い場合があるので、NVIDIAのサイトからドライバをダウンロードしてください。

NVIDIA
Download drivers for NVIDIA products including GeForce graphics cards, nForce motherboards, Quadro workstations, and more. Update your graphics card drivers to...

Visual Studioの設定

1.Visual Studioを起動したら、Visual C++で適当なプロジェクトを作成してください。
ここでは「MFCアプリケーション」で「CudaTest」というプロジェクトを作成しました。

もし、Community版を使っていてMFCアプリケーションの項目がない場合は、Visual Studio Installer を使ってインストールをしましょう。
(必ずしもMFCアプリケーションである必要はありません)

Visual Studio Community 2017でMFCを使う方法
無料の統合開発環境Visual Studio Community 2017でMFCを使う方法を解説します。

2.次にアプリケーションの種類をダイアログベースにして、完了します。

3.プロジェクトを作成したら、ソリューションエクスプローラの「CudaTest」のプロジェクトを選択してから、メニューの「プロジェクト」ー>「ビルドのカスタマイズ」と選択してください。

4.ビルドのカスタマイズファイルで「CUDA 10.0~」にチェックを入れてOKを押してください。

5.プロジェクトのプロパティを開き、[リンカー]->[入力]->[追加の依存ファイル]に「cudart.lib」を追加してください。

これでVisual StudioでCUDAを使用できるようになりました。

複数バージョンの共存

複数のCUDAのバージョンをインストールして、状況に応じて選択したい場合、同様にビルドのカスタマイズファイルでバージョンを選択します。

念のため、プロジェクトのプロパティページのコマンドラインのパスを見てみましょう。
希望のバージョンを指していれば成功です。

次回は実際にコーディングに移っていきます。

【CUDA】CUDA入門、基本的なコーディング方法を学ぼう
CUDAのコーディング方法と基礎的な知識を解説していきます。この記事を理解すれば、簡単な処理なら作れるようになるでしょう。 あまり深く突っ込んだ話をする前に、とりあえず動く処理を作ることを目指します。
マウスコンピューター/G-Tune