【CUDA】CUDA 11.0 のインストールと設定方法

C++
マウスコンピューター/G-Tune

環境

解説に使用する、CUDA Toolkit 11.0のインストール環境は以下の通りです。

  • Windows10 Pro 64bit
  • Visual Studio 2019 Professional
  • GeForce GTX1070

VisualStudioはCUDA Toolkitをインストールする前に入れておきましょう。

ここでインストールするCUDA のバージョンは11.0です。

Visual Studio 2015 より古いバージョンは非推奨のようです。
対応していないバージョンを使いたい場合は、過去のバージョンのCUDAをインストールしましょう。

ダウンロード

1.以下のサイトに移動します。

CUDA Toolkit 11.2 Downloads
Select Target Platform Click on the green buttons that describe your target platform. Only supported platforms will be shown. By downloading and using the softw...

2.Operationg System の [Windows]を選択します。

3.対応する環境を選択し、[Download]を押しましょう。
インストーラがダウンロードされます。

インストール

1.ダウンロードしたインストーラを実行すると、以下の画面が出てきます。

2.インストールするソフトをカスタマイズできますが、特に変更の必要はないので、どんどん次へ進めてください。

3.インストールが完了したら、画面を閉じてVisual Studioを起動してください。

Visual Studioの設定

1.Visual Studio2019を起動したら、C++で適当なプロジェクトを作成してください。
ここでは「空のプロジェクト」で「CudaTest11」というプロジェクトを作成しました。

2.プロジェクトを作成したら、ソリューションエクスプローラの「CudaTest11」のプロジェクトを選択した状態で、メニューの「プロジェクト」ー>「ビルドのカスタマイズ」と選択してください。

4.ビルドのカスタマイズファイルで「CUDA 11.0~」にチェックを入れてOKを押してください。

5.プロジェクトのプロパティを開き、[リンカー]->[入力]->[追加の依存ファイル]に「cudart.lib」を追加してください。

これでCUDAをVisual Studioで使用できるようになりました。

次回は実際にコーディングに移っていきます。

【CUDA】CUDA入門、基本的なコーディング方法を学ぶ
CUDAのコーディング方法と基礎的な知識を解説していきます。この記事を理解すれば、簡単な処理なら作れるようになるでしょう。 あまり深く突っ込んだ話をする前に、とりあえず動く処理を作ることを目指します。
マウスコンピューター/G-Tune