【CUDA】CUDA 11.0 のインストールと設定方法

C++
マウスコンピューター/G-Tune

環境

解説に使用する、CUDA Toolkit 11.0のインストール環境は以下の通りです。

  • Windows10 Pro 64bit
  • Visual Studio 2019 Professional
  • GeForce GTX1070

VisualStudioはCUDA Toolkitをインストールする前に入れておきましょう。

ここでインストールするCUDA のバージョンは11.0です。

Visual Studio 2015 より古いバージョンは非推奨のようです。
対応していないバージョンを使いたい場合は、過去のバージョンのCUDAをインストールしましょう。

ダウンロード

1.以下のサイトに移動します。

CUDA Toolkit 11.1 Update 1 Downloads
Please Note: Due to an incompatibility issue, we advise users to defer updating to Linux Kernel 5.9+ until mid-November when an NVIDIA Linux GPU driver update w...

2.Operationg System の [Windows]を選択します。

3.対応する環境を選択し、[Download]を押しましょう。
インストーラがダウンロードされます。

インストール

1.ダウンロードしたインストーラを実行すると、以下の画面が出てきます。

2.インストールするソフトをカスタマイズできますが、特に変更の必要はないので、どんどん次へ進めてください。

3.インストールが完了したら、画面を閉じてVisual Studioを起動してください。

Visual Studioの設定

1.Visual Studio2019を起動したら、C++で適当なプロジェクトを作成してください。
ここでは「空のプロジェクト」で「CudaTest11」というプロジェクトを作成しました。

2.プロジェクトを作成したら、ソリューションエクスプローラの「CudaTest11」のプロジェクトを選択した状態で、メニューの「プロジェクト」ー>「ビルドのカスタマイズ」と選択してください。

4.ビルドのカスタマイズファイルで「CUDA 11.0~」にチェックを入れてOKを押してください。

5.プロジェクトのプロパティを開き、[リンカー]->[入力]->[追加の依存ファイル]に「cudart.lib」を追加してください。

これでCUDAをVisual Studioで使用できるようになりました。

次回は実際にコーディングに移っていきます。

【CUDA】CUDA入門、基本的なコーディング方法を学ぶ
CUDAのコーディング方法と基礎的な知識を解説していきます。この記事を理解すれば、簡単な処理なら作れるようになるでしょう。 あまり深く突っ込んだ話をする前に、とりあえず動く処理を作ることを目指します。
マウスコンピューター/G-Tune